カーナビ 選び方

カーナビの種類と特徴1

カーナビは現在HDDやメモリタイプが主流のようです。

HDDは大容量のデータを保存することができ、音楽や映像のデータも収録することができます。
地図も3Dだったり、画面案内がイラストだったりと、高機能なものが多いようです。

メモリタイプは、SDカードやSSDなどを使用したものです。
コンパクトであり、振動に強いというメリットがあり、データの処理スピードも速いようです。

まずは2つのメリットとデメリットを知り、どちらがいいのか選ぶといいでしょう。

カーナビの種類と特徴2

カーナビの種類には、ダッシュボード内に取り付ける一体型が主流でしたが、最近では、吸盤などで装着し、取り外して持ち歩くこともできるポータブルタイプのものや、本体とモニターが別々になっているインダッシュモニタや、車のダッシュボードの上に取り付けるオンダッシュモニターなどがあります。

車を何台か持っているという場合などには、ポータブルタイプが人気のようです。

カーナビを選ぶときには?

そのほか、カーナビを選ぶときには、画面のサイズやタッチパネルかどうかなどを基準に選ぶといいでしょう。

カーナビにはそのほかに、TVチューナーがついていたり、道路交通情報システムがついているもの。
音声認識機能、ハンズフリー機能など、さまざまな機能がついているものもあります。

自分が必要と思う機能のついているものを選ぶことも大切です。



PAGE TOP